« 月を見ていた。 | トップページ | 千年幸福論。 »

いぬるにしせず。


最近、軽鬱が治らない。

いろんなことが意味を成さず、ボロボロとこぼれ落ちていく。


非目的的生活と意志の欠如が問題なのだろうけれど、それらを特に問題と思わない傲慢さが堕落に拍車をかける。

虚しさを嘆くも、実際には虚しくありたいだけなのだという薄っぺらな自己を認識するだけで、その認識が僕から少し離れた場所で虚しく空に舞う。

果たして、僕は、認識などという言葉を幾ばくかでも理解できているのだろうか。

認識、理解。

あぁ、なんて都合のいい言葉だろう。

僕は意味を解せない都合のいいだけの言葉たちを何の罪悪感も無しに使える程にズルい大人になることができました。


- - - - -

なんて。

お定まりの自己批判も、いまの僕にはてんで響かない。

感情がほとんどない僕にとっては、物事が意味を成さなければ、もう何も残らないのです。

- - - - -

ねぇ、このいみ、わかる?

|

« 月を見ていた。 | トップページ | 千年幸福論。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168063/53549427

この記事へのトラックバック一覧です: いぬるにしせず。:

« 月を見ていた。 | トップページ | 千年幸福論。 »