« 今夜は星がよく見える。 | トップページ | ねぇ、2人で逃げ出そ? »

シンボリック・シンドローム。

女性とお付き合いをする際に「この子とは長いだろうな」と思うときは、必ずと言っていい程、しんぼリックな出来事が起こる。

- - - - -

最近、何人かの女性とご飯に行ったりメールをするようになった。

それとないご飯を食べながらそれとない話を聞いてそれとない相槌を打ち、お店を出て駅まで行って次の予定の話をそれとなくしてお別れする。

ただ、それだけ。

いくら可愛くても、いくら会話がうまくても、いくら趣味が合っても「この子と付き合いたい」には届かない。

- - - - -

例えば。

あの子のときは、付き合う前にお互いの「すき」が溢れた。

落書きチャットをしていて、画面が「すき」で埋め尽くされた。

元々お互いそんなことを表に出すような性格じゃなかったから、それは2人の秘密になった。

お互い口にはしなかったけど、それがあったから長く付き合えたのだと思う。

- - - - -

最近、1人だけ、気になる子がいる。

2年前から連絡を取っていて、時々デートをする女の子。

この間、半年振りに会ったのだけど、時間の経過を感じなかったし、その子もおんなじことを言っていた。

おそらく、僕が会う人の中で、一番僕が落ち着いていられるし、一番僕らしくいれるのがこの子だと思う。

その子もそのことを知っているし、その子も僕といると落ち着くって言ってくれる。


でも、それでも、「付き合う」には届かない。


その子は僕が未だに高校の頃の彼女を引きずっているのを知っているし、僕もその子が1年前の彼氏を引きずっているのを知っているから、お互いにそこに触れないようにしているように思う。

詰まるところ、決定的な何かが欠けているのだと思う。

- - - - -

例えば。

あの子のときは、2人とも人前では明るいのに、2人きりの時は静かなことが多かった。

生きるのは哀しいねって、死にたいねって、いつも話していた。

2人で死のうって決めた日に、ベンチに座っていたら、見知らぬおばさんが声をかけてきた。


今日は空がきれいね。


その言葉だけを残して、おばさんは何処かへ消えていった。


僕らは、2時間、無言で空を眺めた。


今でもその時のことを思い出すことがある。

あの人はきっと、あの子の守護霊だったんじゃないかって、今でも思う。

- - - - -

1月に初詣に行く。

何かあればいいなって思う。

何もなくてもいいなって思う。


僕は、僕の大事な人たちが、いつまでもどこまでも、しあわせでいてくれたら、ほかには何もいらないなって思う。

- - - - -

ねぇ?

ん?

ある出来事がシンボリックに記憶に残るってことは、その出来事がシンボルに成り得る「日常」がそこにあるんだって。

じゃあさ、僕との出来事でシンボリックに記憶に残ってることって何?


んーとね。

えーっとね。


去年の冬に2人で外でアイスを食べて、ちょーさむいー、ってなったことかな。

|

« 今夜は星がよく見える。 | トップページ | ねぇ、2人で逃げ出そ? »

ひとりごと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1168063/54404122

この記事へのトラックバック一覧です: シンボリック・シンドローム。:

« 今夜は星がよく見える。 | トップページ | ねぇ、2人で逃げ出そ? »